5キロ痩せる&見た目も変わる確実な方法とは?

5キロ痩せると見た目も変わる

5キロ痩せることができれば見た目も変わる。世間一般的には5キロではなく3キロ痩せることができれば見た目が変わると言われていますが、実際に人にわかってもらうには、5キロ痩せることが見た目の変わる理想と最近ではされています。

 

しかし、どんなに頑張って5キロ痩せることができたとしても人に見た目では気づいてもらえないこともあります。では、それはなぜなのか?

 


まず、言えるのは「服装」です。今まで太っていた体系を隠すためにお腹周りの目立たない服を着ていてそれを痩せてからも着ている場合などによく起こりがちです。次に、普段の姿勢が悪かったりすることも見た目、痩せたのか痩せてないのかわからない原因であったりもします。

 

5キロ痩せると見た目も変わるけど服装も大事

 

なので、5キロ痩せることで見た目も痩せたと人に気付かせるのであればそういったことも必要だということを覚えておいてくださいね。

 

では、実際にどうやってやれば5キロ痩せることができるのでしょうか?やってしまいがちな失敗なども踏まえて見た目も変わる挫折しない、失敗しないダイエット方法をご紹介していこうと思います。

1キロ痩せるために必要な消費カロリーとは?

5キロ痩せるための摂取カロリー

 

「5キロ痩せる、見た目も変える」と目標ができたのはいいのですが、間違った知識のままダイエットをしてしまうと全然うまく痩せないと挫折してしまう結果になり兼ねません。「5キロ痩せる、見た目も変える」という前に知っておくべきことがあるのです。

 

それは、「カロリーが消費しなければ体重は減らない」ということです。当たり前のように聞こえるかもしれませんがここをしっかりと念頭に置いておかなければ計画的にダイエットを行いことができないのです。

 

実際に1キロ痩せるためにはどのぐらいのカロリーが減らなければならないのか。ここを知ってこそ計画的にダイエットができるということになるわけです。

 

では、1キロ痩せるために減らさなければならないカロリーはいくつなんでしょうか?それは、「7200キロカロリー」です。一般的に女性が1日に摂取する平均的なカロリーは1800キロカロリーです。

 

しかし、一般女性(20代〜30代)が1日に摂取するカロリーの目安は1800キロカロリーと言われていますが、これはあくまで一般女性の平均の話。

ちゃんとした計算式があるのでそれで計算した方が、自分の1日の摂取カロリーの目安がわかるので計算してみるといいですよ。そのためにまずはあなたの標準体重を知る必要があります。計算式は「身長×身長×22」で算出することができます。身長はメートルです。

 

例:身長が155cmだとすると1.55×1.55×22=52.855sとなります。

 

このあなたの体重に25〜30をさらに掛けたものが1日に必要な摂取カロリーとなるのですね。例題のようにあなたが155cmだとすると30を掛けたとしても1日に必要な摂取カロリーは1585.65キロカロリーなんです。

 

なので、7200キロカロリーを減らすということがどれだけ大変なことかわかりますよね?

 

1キロ痩せるのは大変

 

だから今までダイエットがうまくいかなくて挫折することがあったとしても決してあなたが悪いわけではないのです。失敗して当然だったわけですから。

 

5キロ痩せるダイエットをするには、ここを踏まえてしっかりとした計画を立てなくては当然5キロ痩せることはできず見た目も変わらぬ結果となってしまうわけなのですね。

 

だからといって、全く何も食べずカロリーを摂取せずで過ごしていたら倒れてしまいますし、代謝も落ちてリバウンドをしてしまう結果になることは目に見えているはず。

 

「じゃあ、一体どうすれば痩せることができるの?」

 

ここが今回の醍醐味になってくるのですね。

 

どうすれば5キロ痩せることができ、見た目が変わるのか?

5キロ痩せるのと見た目が変わるのにどうするか?

 

やっぱり5キロ痩せるとなると運動をしなくてはならないのかというとそうではありません。上記でもお伝えしたように痩せるために必要なことはカロリーを減らすこと。ここが最重要ポイントとなるわけなので結果何が良いのかというと?

1番確実に摂取カロリーを抑えるのに適した、ダイエットが最も成功しやすい方法は「ファスティングダイエット」です。ファスティングダイエットとは、短期間断食を行うダイエット方法なのですが、最近では酵素ドリンクを使ったファスティングダイエットや野菜ジュースを使ったファスティングダイエットなどが主流となってきています。

 

こういったものを使ってファスティングダイエットをすることにより無理なく健康的にダイエットを行うことが可能になるわけです。

 

ファスティングダイエットの最大の目的は、消化器官を休ませることと細胞の活性化にあります。この2つを同時に行うことでいろんな効果が身体に影響を及ぼします。

ファスティングダイエットで身体に影響を及ぼす5つの効果

消化器官を休ませ傷んでいる組織を修復させる効果

消化器官を休ませ傷んでいる組織を修復させる効果

 

ファスティングダイエットをしているときは消化するものがないので、ここに使われていたエネルギーはほとんどがどこかほかの場所で使われることになります。

 

傷んでいる組織を修復させるエネルギーが多くなることにより体内環境が元の状態に戻りさらに痩せやすい体質に整えてくれるようになるのです。

デトックス効果

デトックス効果

 

このデトックス効果も消化器官を休ませること、細胞の活性化することと同じぐらい重要な部分です。

 

デトックス効果を出す方法で一般的に知られているのがエアロビなどのエクササイズや岩盤浴やサウナなどですが、これらでは排出しきれなかったものもファスティングダイエットでは排出できるようになれます。

 

また、コレステロールなどの余分なものを除去してくれるとあって今まで偏った食事をされていたのならなおさらファスティングダイエットはオススメなのです。

脂肪燃焼効果

脂肪燃焼効果

 

ファスティングダイエットには、ただ単に体重を減らすだけでなく、同時に脂肪を燃焼させてくれる効果もあるのです。それはなぜかというと、普段私たちの身体では糖質の方を先に使うという性質があるからなのです。

 

脂質は糖質よりも後にエネルギーとして使われるのでファスティングダイエットにより糖質を使い切ってしまえば自ずと脂質のエネルギーを使っていくということになるわけなんですね。

 

だから、普段の生活ではなかなか燃焼してくれない脂質をファスティングダイエットでは、多く使うことができるため効率よくダイエットができるということになるのです。

味覚が変化することにより食生活を改善できる効果

味覚が変わる

 

ファスティングダイエットには、身体の様々な部分がリセットされる効果があります。その中でも特にわかりやすいのが「味覚の変化」です。

 

例えば、ずっとタバコを吸っていた人が1ヶ月まったく吸わなかったとします。そして、1ヶ月後すごく我慢したので絶対に美味しいと思い吸ってみると「あれ?すごくまずい!舌が苦い!」と感じます。

 

これと同じ現象で短期間でも食べ物を断つことで、味覚もリセットされるのです。そうするとどういうことが起きるかというと、これまで脂っこいものが好きだったのに「おえ!脂っこい!」と感じるようになるわけです。

 

また、食品添加物が入ったものや人工甘味料が入ったものを口にすると舌がビリっとしたりするようになり、必然的にそういったものを好まなくなるので自然と無理なく食生活の改善に繋がっていくというわけです。

五感が刺激され頭のキレが良くなる効果

五感が刺激

 

ファスティングダイエットには、脂肪燃焼に伴い生成される物質である「ケトン体」というものが生まれます。このケトン隊が体の中で増加することで脳のα波も増加するので普段の生活よりも頭が冴え、キレが良くなり仕事や勉強が捗るようになります。

 

これは満腹の時の逆の効果なのですね。満腹だとやる気がなくなることってありませんか?だから、食べない方が集中できる!こういう体験をした方って結構多いんじゃないでしょうか?

 

まさに、この空腹時の最強版がファスティングダイエットをしている時なのです。この時を利用して集中したい仕事や勉強の時間にあててもいいのではないでしょうか。

 


 

このようにしてファスティングダイエットにはさまざまな効果があり、ダイエットだけではなく健康や美容、また体内環境までもリセットされすべてにおいて良い改善が見込めるのです。

 

こういったことを海外では、いち早く取り入れガンの治療などに用いられたりする場合があるほど効果的なダイエット方法なのです。

ファスティングダイエットの基本的なやり方

ファスティングダイエット(断食)のやり方

 

ファスティングダイエットをする前に必ずやっておかなければいけない準備があります。思い立ったからといってすぐに始めると逆効果になることも考えられますので必ず前準備を怠らないでくださいね。

 

準備の期間には、いきなり断食をして変化に身体がついていかないなどの無いように緩やかに断食に向かう準備をしなければなりません。このときに食べる食材は「まごにやさしい」です。

 

「まごわやさしい」を簡単に説明しますと、「ま」は「豆」、「ご」は「ごま」、「わ」は「わかめ」、「や」は「野菜」、「さ」は「魚」、「し」は「しいたけ」、「い」は「芋」ということになります。

 

まごにやさしい

 

その他には、消化に良いとされるおかゆやうどんなどがあります。余談ですが、ちょっと前まで噂でうどんは消化が悪いとありましたが、そんなことはありませんのでこの準備期間には食べても大丈夫です。

 

ただし、食べてもいいからといっていつもと同じもしくはそれ以上食べないように注意しましょう。あくまで断食を行う準備という心構えは忘れないようにしましょう。

 

ファスティングダイエット(断食)期間にすること

長風呂禁止

 

そして、いよいよファスティングダイエット(断食)の開始です。この期間は食べ物を一切断つわけなので無理な運動や熱めの長風呂などは禁止してください。よほどの体力がない限り倒れてしまいます。

 

しかし、軽めの有酸素運動は代謝酵素の働きを促す効果があるのでウォーキングなどはした方がより効果が見込めます。ストレッチやヨガなどもいいですね。また、半身浴や低温サウナなどの軽く皮脂腺から汗が浮き出る程度のものでしたらデトックス効果が見込めるのでオススメです。

 

ファスティングダイエット(断食)の期間中に口にしていいのは、水分補給を目的とする水分のみです。水、野菜ジュース、酵素ドリンクなどは口にしてもOKです。カロリーが高い飲み物は避けるようにしましょう。

 

酵素ドリンクや野菜ジュースに糖分が多く含まれているものも避けるようにしましょう。というのも上記に書いた通り、糖質を先にエネルギーとして使ってしまうからです。

 

そして、最後に復食期間です。この期間にはリバウンドをしないことを目的とした食事を摂ることが大事です。準備期間と同じように「まごわやさしい」や「おかゆまたは重湯」、「魚介類」といった和食を中心としたヘルシーメニューにするように心がけましょう。

 


 

上記では3つの期間をご紹介したわけなのですが、実際それぞれどのぐらいの期間(スパン)が良いのか?ここに疑問を持つかと思います。3つのそれぞれの期間について理想は3つとも同じ期間で行うということ。

 

準備期間が2日なら断食期間も2日、復食期間も2日ということです。初めての方は1日から始めてみた方がいいかもしれません。まずは、自分にどのぐらいの期間がいけそうなのか見極めるためにもまずは1日から行うようにしてください。

 

ただし、1〜2日のファスティングダイエット(断食)で得られる効果はデトックス効果のみと思ってください。多少脂肪燃焼効果は見込めますが、しっかりと脂肪燃焼をしたいなら3日以上は必要だということも覚えておきましょう。

 

ファスティングダイエット(断食)が4日以上になる方は、健康管理をしっかりしてくれるトレーナーがいるときに行うようにしてください。

 

また、断食2日目によく起こりがちなのが好転反応です。この好転反応とは、身体から老廃物等が排出されている状態に起こるもので、下痢やめまい、頭痛や肌荒れなど一時的に表れるものです。

 

ただ、ここを超えればあとはたいしたことないと思えるぐらいなので好転反応が出たときはこれがそうなんだと覚えておくといいでしょう。しかし、あまりにも耐えられないようでしたら中断するようにしてください。

ファスティングダイエットで結果が思うように出ない人の共通点

ファスティングダイエット(断食)で結果が出ない

 

これまでの内容を読んでいたらある程度、察しは付くと思いますがよくありがちなのがファスティングダイエット(断食)が終わったとたん元の食生活に戻している人が多いということ。

 

また、ファスティングダイエット(断食)をする準備期間の食事がちゃんとできていない人もそうです。断食をする前の準備は非常に大事ですし、前準備をしっかりとしていることで好転反応が出にくくなりますのでそこは怠らないようにしましょう。

 

そして、ファスティングダイエット中に飲んでいる飲み物が悪いということ。これは、何度も言っていますがカロリーが多いものや糖質が多く含まれているものを飲んでしまうとせっかく痩せようとしているのにエネルギーの消費がそっちに使われてしまいます。

 

また、添加物が多く入っているものなどを飲むのもNG。安価な酵素ドリンクや野菜ジュースですと白砂糖や添加物が入っている可能性が非常に高いです。

 

ここを間違えてしまうとせっかくのファスティングダイエット(断食)が無駄になってしまうので、選ぶ飲み物(水分)はしっかりと下調べをしてから飲むようにしましょう。

ファスティングダイエット(断食)成功の秘訣とは?

ファスティングダイエット(断食)の成功の秘訣

 

上記に述べたことがすべてですが、あとは食欲を抑えることや誘惑に負けないことが大事になってくるかと思います。そして、女性の場合なら月経が開始してから約1週間後の卵胞期が効果が1番期待できると言われています。

 

そして、1番ファスティングダイエット(断食)が成功する秘訣はやはり「飲み物(水分)の選び方」が最重要になります。でも、実際にどんな飲み物(水分)を選んでいいのかわからないと思いますので、ここでファスティングダイエット(断食)に向いている飲み物(水分)をランキング形式でお伝えしようと思います。

ファスティングダイエット(断食)に向いている飲み物ランキング

クレンジング酵素0

クレンジング酵素0

 

こちらは名前の通り酵素を含んだ原液で販売されています。水や炭酸などで割って、ファスティングダイエットをするのにもってこいの酵素ドリンクです。初回100円からスタートできるコースと0円で始められるコースがあるのでお試しするのに最適です。

 

>>クレンジング酵素0のお試しはコチラ

 

ベルタ酵素

ベルタ酵素

 

こちらの酵素ドリンクも有名です。多くのダイエット成功者を排出しており、今まではTOP3に入る人気を博していました。原材料も165種類と種類の数ならナンバー1!

 

ベジライフ酵素

ベジライフ酵素液

 

ファスティングダイエットが流行り始めたきっかけの商品。浜田ブリトニーさんがこの酵素ドリンクで15キロ痩せたとして有名です。

 

すっきりフルーツ青汁

すっきりフルーツ青汁

 

80種類以上の酵素が身体の様々な活性化に役立つのでダイエットには最適!
初回購入の価格も630円とあって始めやすい価格となっています。

 

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

めっちゃたっぷりフルーツ青汁 ゲンキング

 

こちらもすっきりフルーツ青汁同様、青汁なのに酵素がたっぷり含まれているドリンクです。149種類の野菜や果物、海藻の酵素を含み初回購入680円と定期購入の解約が1回からできるので、自分のペースでダイエットができます。ゲンキングさんもこの青汁で美BODYを維持している1人です。