5キロ痩せる運動とは?【効果的なウォーキング法を紹介!】

5キロ痩せるためには、食事管理と運動どちらも必要になってきます。今回は、運動面で5キロ痩せる方法として、効果的なウォーキングの方法をご紹介します。

 

ウォーイングが効果的!

 

5キロ痩せるための運動として、一番気軽に行えるのがウォーキングだと思います。ウォーキングは、痩せるための運動として非常に効率の良い有酸素運動です。

 

ウォーキングの効果を最大限発揮する方法として、無酸素運動と合わせてウォーキングをした方が、ウォーキングの効果を3倍上げると言われています。

 

無酸素運動とは筋トレなどのトレーニングのことです。無酸素運動をすると脂肪が分解されて燃焼しやすい状態になります。

 

ウォーキングは、体脂肪である皮下脂肪や内臓脂肪を燃焼する運動法であり、体脂肪を燃焼するまでに20分かかると言われています。

 

したがって、筋トレなどの無酸素運動で脂肪を分解させてから、ウォーキングをすると効率よく脂肪を燃焼させることができます。

 

それでは、5キロ痩せるための効果的なウォーキング法を紹介します。

 

まず始めに、無酸素運動を5分程度行います。腹筋やスクワットなどの筋トレを行いましょう。

 

次に、脂肪を燃焼する成長ホルモンは筋トレ終了の20分後に分泌量が多くなるので、その間にストレッチを行います。
ちなみに、全身ストレッチをすると基礎代謝が上がると言われているので、20分間全身ストレッチをすることをオススメします。

 

ストレッチ終了後、ウォーキングを行います。通常20分はかかる体脂肪の燃焼が5分程度で始まるので、よりダイエット効果を高めることができます。

 

次に、よりウォーキングの効果を上げるための3つのポイントをお伝えします。

 

ウォーキング効果を上げる3つのポイント

 

ポイント1.ウォーキングフォームをチェックする

 

歩く際に、猫背では脂肪燃焼効果が落ちてしまいます。正しいウォーキングフォームは、真っすぐ前を向き、おへその下にある丹田に力を入れて腹筋と背筋を締めて、背筋をまっすぐ伸ばします。そして、歩く際は親指で踏み出し、かかとで着地するようにします。あごは引いて、頭がまっすぐ上に引っ張られるような感じで、腰から前に進むようなイメージで歩きます。肘は直角に曲げ、自然なかたちで手を振るようにしましょう。

 

ポイント2.早歩きで歩くようにする

 

ダイエット目的でウォーキングする場合は、早歩きで歩くようにしましょう。早歩きの目安は、人と会話が出来て、息が多少上がる程度です。普段歩くよりも、少し早めに歩くようにイメージしてもらえるといいと思います。

 

ポイント3.ウォーキングは1日30分以上行う

 

ダイエット目的でウォーキングする場合は、1日で30分以上行うのが効果的です。まとめて30分とれない場合は、ウォーキング10分を3回行うなど細切れにウォーキングを行うパターンで大丈夫なので、せめて1日のうち30分はウォーキングをすることをオススメします。

 

まとめ

 

以上、5キロ痩せるための効果的なウォーキング法と、ウォーキングする際にチェックするポイントを詳しく説明しました。始めに無酸素運動をしてから、ウォーキングすることをお勧めしていますが、運動に慣れていない方は、無理のない程度に無酸素運動なしで
正しいフォームのウォーキングから行うようにし、慣れてきたら筋トレも取り入れるようにすると、気持ちよく続けることが出来ると思います。

 

5キロ痩せるためには、それ相応の努力が必要になってきますので、前向きに体重が減ることを楽しみながら、ウォーキングを頑張っていきましょう。

 

5キロ痩せる方法