16時間断食ってどうやるの?【効果と方法を紹介!】

16時間断食というダイエット法をご存知でしょうか。16時間断食とは一時期流行った8時間ダイエットと内容は同じで、ダイエット効果が高いと言われています。今回は、16時間断食の方法と効果を紹介していきます。

 

16時間断食ダイエットとは?

 

16時間断食とは、1日の食事を8時間以内に終わらせ、残りの16時間は水分の摂取のみで断食を行うダイエット法です。例えば、6時にごはんを食べたら、14時までに1日の食事を終わらせるというものです。16時間断食を行う時は、朝早くにご飯を食べてしまうと寝るまでの時間に空腹を感じてしまうので、朝の11時から19時や、12時から20時の時間帯に食事の時間を設けるようにすると、比較的空腹を感じることなく行うことが出来るのでお勧めです。

 

16時間断食で得られる効果は、便秘や下痢の解消とダイエット効果の2つが挙げられます。16時間という長い間食べ物を食べないでいると、胃や腸などの消化器官を休めることができます。消化器官を休めることによって、胃腸の動きが正常に働くようになるので、結果的に便秘や下痢が解消されます。そして、16時間断食をすると、1食分のカロリー摂取が抑えられるので、ダイエット効果も期待できます。

 

16時間断食は、8時間の食事中の間は、食べ過ぎに注意をすれば普段と同じ食事を食べても構いません。ただ、以下に挙げる8種類の食品を摂るようにすると、16時間断食の効果を高めることが出来ます。

 

<8種類の食品>

・卵、脂身の少ないお肉(鶏ささみ肉、牛や豚のヒレ、もも肉、白身の魚)高たんぱく低脂質)

 

・ナッツ(アーモンド、くるみ、ピーナッツ)食物繊維・ビタミンE

 

・豆類(豆腐、納豆など)必須アミノ酸・イソフラボン

 

・乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト等)カルシウム・ビタミン

 

・ベリー(イチゴ、ブルーベリー等)食物繊維

 

・色の明るい果物(リンゴ、オレンジ等)抗酸化物質・ビタミンC

 

・穀物(玄米・全粒粉パン等)低インシュリン食品

 

・緑の葉野菜(ほうれん草、ブロッコリー等)食物繊維・ビタミン・ミネラル

 

以上の8種類の食品は、栄養価が高い上にダイエットに効果のある食品なので積極的に摂取するようにしましょう。

 

16時間断食を行う上で注意点がいくつかあるので挙げて行きます。

 

気を付ける点について

 

注意点1.水分は積極的に摂るようにする

 

水分を積極的に摂ることにより、代謝が良くなり、排便もスムーズにすることが出来ます。特に、朝起きた後は必ず水を飲むようにしましょう。

 

注意点2.飲料は、水かお茶、ブラックコーヒーにする

 

飲み物は、胃腸に負担がかからない飲料が16時間断食には適しています。糖分やカロリーがある清涼飲料水はなるべく飲まないようにしましょう。したがって、16時間断食でお勧めの飲料は、水、お茶、ブラックコーヒーになります。
ブラックコーヒーに含まれているカフェインには、脂肪の分解を早める作用や、エネルギー消費を助ける役割、リラックス効果などの利点があるのですが、寝る前に飲むと寝つきが悪くなるので、コーヒー摂取は1日3回までとし、寝る前は飲まないように気を付けましょう。

 

以上2つの注意点に気をつけ、16時間断食を行って頂きたいと思います。

 

まとめ

 

今回は、16時間断食について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。16時間断食を初めて最初の頃は、空腹を感じたり、8時間という食事時間に縛られて窮屈に感じることもあるかと思いますが、空腹感は続けていくうちにマシになっていきますし、8時間の食事サイクルも16時間断食できれば良くて、食べる時間にこだわる必要はないので、おおらかな気持ちで続けて頂けたらと思います。21日間続けると慣れてくると言われているので、辛く感じても、まずは21日間やり続けるように頑張りましょう。

 

5キロ痩せる方法