コーヒーのダイエット効果、ご存知でしたか!?ダイエットに効くその意外な理由とは!?

コーヒーと言えば、仕事中に一服入れたいときなど、喫茶店で飲む定番の飲み物ですよね。

 

町の喫茶店もにぎわっている通り、コーヒー愛好家が現代社会では急増中です。ストレス社会の現代社会では、コーヒーのようなリラックスでき、息抜きのできる飲み物は欠かせませんよね。

 

そんな現代社会で必須の飲み物、コーヒーには、実はダイエット効果があるってご存知でしたか!?

 

今回は、コーヒーのダイエット効果を検証してみたいと思います。コーヒーがあまり好きでない方も、ダイエット効果を知ることにより、コーヒーが好きになるかも!?

 

珈琲に含まれていカフェインには、ダイエット効果が!?

 

ご存知、コーヒーに含まれている代表的な成分のカフェイン。

 

実はカフェインには、リパーゼという、消化酵素の動きをサポートする効果があります。

 

このリパーゼは、脂肪を分解してくれる酵素なので、リパーゼをカフェインで活性化することにより、脂肪細胞を分解して体外に排出してくれるのです。

 

このことから、コーヒーを飲むと脂肪を燃焼することが出来、ダイエット効果が期待できるのですね。

 

クロロゲン酸にも肥満防止効果が!

 

珈琲にはさらに、ポリフェノールの一種である、クロロゲン酸という成分も含まれています。

 

クロロゲン酸には、自律神経をサポートし、肥満を防止する効果があることが現代医学で判明しています。

 

クロロゲン酸を効果的に摂取するコツですが、熱に弱い成分なので、焙煎よりも浅煎り豆で摂取した方が、より効果的に肥満防止効果を得ることが出来ます。

 

運動前にコーヒーを飲む野が効果的!

 

運動を普段されている方は、運動をする30分前に珈琲を飲むようにしましょう。

 

コーヒーを運動前に飲むことにより、脂肪燃焼効果を高めることが出来、運動の効果を最大限に引き出すことが出来るのですね。

 

またお風呂に入る前にコーヒーを飲むことも効果的。お風呂に入っている間は、代謝が高まるので、コーヒーを事前に飲むことにより、お風呂の代謝効果をより得ることが出来るのです。

 

アイスよりもホットの方がダイエット効果が高い

 

暑い夏はアイスコーヒーが飲みたくなるもの。そこをあえて、ホットコーヒーを飲むことにより、よりダイエット効果を得ることが出来ます。

 

ホットで飲むと、身体が中から温まり、代謝がアップするので、よりエネルギーを消費してくれるのですね。

 

また、沸騰したお湯だと、クロロゲン酸の栄養が失われてしまいますので、80度前後のお湯を使用することにしましょう。

 

コーヒーのダイエット効果まとめ

 

いかがでしたか?普段親しんでいるコーヒーには、驚くべきダイエット効果が潜んでしたことがお分かりいただけたでしょうか?

 

コーヒーを飲んで代謝能力を高め、是非効率的なダイエットを行ってみてください。毎日続けることにより、少しずつ効果が実感できるはずです。

 

この記事を読んだ方は、明日からコーヒーを飲むときは、違った意識が芽生えているかもしれませんね。

 

5キロ痩せる方法